暴力に晒されている中国の女性

Metacafe Affiliate U
Added by Metacafe Affiliate U Subscribe 890
Published 22 Sep 2013
6 932
••• More
Report video
0 0
You have already voted for this video.
暴力に晒されている中国の女性

 

 【新唐人日本2011年9月28日付ニュース】女性はやさしさの代名詞。しかし、中国大陸では、大勢の法輪功を修煉する女性たちが当局の激しい暴力に遭い、天真爛漫な子供さえ暴力を免れ...
暴力に晒されている中国の女性

 

 【新唐人日本2011年9月28日付ニュース】女性はやさしさの代名詞。しかし、中国大陸では、大勢の法輪功を修煉する女性たちが当局の激しい暴力に遭い、天真爛漫な子供さえ暴力を免れませんでした。中国の刑務所の中で女性たちは、殴打、侮辱、強姦などに遭い、更には活きたまま臓器を取られ、多くの命が虐殺でなくなりました。
 
1999年7月20日から始まった法輪功への迫害。最初に伝い出された死亡例は、女性でした。法輪大法明慧ネットによると、修煉を放棄しなかった趙金華さんは、連続10日間警察の暴力に遭った末、10月27日、息を引き取りました。検視によると、趙さんの遺体は頭部以外、全身が鬱血。死因は鈍器による殴打だったそうです。享年42歳でした。
 
その後、各地から死亡の情報が絶え間なく伝わってきます。
 
明慧ネットによると、中国当局の迫害手段は、年配の女性または幼児に関係なく、きわめて残虐。刑務所や拘置所で最もよく使われる迫害手段は、リンチ、野蛮な食物注入、薬物注射、侮辱、性的侵害、強姦、臓器摘出、強制堕胎、政治的洗脳など。子供だからといって手を緩めることはありません。
 
報道から分かるように、多くの修煉者たちは元々正式な職業や幸せな家庭を持っていました。
 
例えば、28歳で亡くなった任金焕さん。生前は語学に長ける経理のプロでした。
 
周彩霞さんは、内モンゴルの労働組合総連合会の女性部部長でした。
 
黒龍江省鶏西市の労働者・楊海玲さん。
 
32歳の広告デザイナー・董敬哲さんなど。
 
人権派弁護士・高智晟さんが取材したことのある法輪功学習者・王玉環さん。衣類を剥ぎ取られ、"大の字"姿で木の板に26日間縛られ、警察や医者、男性受刑者からの侮辱を受けつくしました。後に、王さんは吐血し、死亡。
 
中国で最も"邪悪な収容所"として知られる遼寧省馬三家女子強制労働収容所。ある女性が、その活き地獄ぶりを証言しました。
 
遼寧省法輪功学習者 郭潤君さん:「引き伸ばす刑」というのがあり、この酷刑は本当に残虐です。ある法輪功学習者--数ヶ月間小屋に監禁された女性ですが、ダブルベッド二つを併せて、両腕と両足を反対方向に引っぱられるのです。最長24時間 下ろされた時はもう動けません。彼女が戻った時、手は電気棒で殴られ、今は筋肉が萎縮しています。今になっても手を動かせず 、何もできません」
 
また、郭さん自身は何回も強制的に不明薬物を注射されたそうです。
 
ある一般人女性が馬三家収容所で目撃した、法輪功学習者に対する残虐きわまりない拷問を証言しました。
 
中国大陸の女性:「ペンチで歯を抜きます。法輪功学習者の下半身に電気棒を当て、両乳首を結んだりします。また、4本の歯ブラシで膣をこすります。4~5本で毛を外側に向け、膣の中に入れこすります。馬三家にできない事はありません」
 
迫害では、幼い子供たちも命を落としています。生後8ヶ月の赤ん坊から18歳の高校生まで。
 
「権利運動」サイト責任者 胡軍氏:「中国人は迫害され殺されています。このような集団虐殺が、60年以上続いています。この血なまぐさい暴行を証明すべきです。法輪功学習者はフラットフォームを立ち上げ、多くのことを暴露し、真相を世界に伝え 中国人に伝え、人々に中共の邪悪な本質を教えています。他の団体も真剣に、学ぶべきところです」
 
新唐人テレビがお伝えしました。
 
www.ntdtv.com/xtr/gb/2011/09/24/a593268.html.- (中国語)
Categories: News & Events
Show moreShow less
Report this video as:
Add comment comments
You are not allowed to add comments