TOYOTA CELICA セリカ 1600GTLB リフトバック at L.A. Auto Show - Car and Driver

By: watanabehifumi

4,292 views

Uploaded on April 26, 2008 by watanabehifumi Powered by YouTube

1600GTを1750CC
CRキャブ4連、エンジン始動
音は最高ですね、
初代 TA20/RA20系・TA20/RA30系(1970年-1977年)

フォード・マスタングのヒットに倣って、1970年12月にデビューした日本初のスペシャルティーカー。

同時に誕生したカリーナとは全く異なるスポーティーでスタイリッシュなデザインのボディを持ちながら、それと主要な機構(車台)を共通化する事でコストを抑え、比較的低廉な価格を実現し、斬新なスタイルと(当時としては)高い走行性能とあいまって幅広く高い人気を得た。

販売戦略的にも新しい試みがなされ、3種のエンジン(1400ccOHVと、シングル/ツインキャブの2種の1600OHV)・3種のトランスミッション・ET/LT/STの3種類の外装と、8種の内装をユーザーの好みによって組み合わせる"フルチョイス"と呼ばれるシステムを採用していた。

ただし、ヤマハ製の2T-G型DOHCエンジンを積んだ最上級モデルの1600GTは別格扱いで"フルチョイス"から外れ、外装・トランスミッション・内装、いずれも専用の物しか選べなかった。

2ドアハードトップの標準型ボディは、リアの丸みを帯びたデザインから、俗に「ダルマ・セリカ」と呼ばれ親しまれた。 最初期型はテールライトが赤一色であることからファンの間では特に「ワンピーステール」と呼ばれており、いわゆる旧車の中でも人気が高く、高値で取引されている。

キャッチコピーは「未来の国からやってきた車」「恋はセリカで」。CMソングは小林亜星の作曲である。

* 1972年8月のマイナーチェンジではテールライトにアンバーを追加しツーピースタイプになり、燃料タンクの位置がトランク床下から後席背後に変更となり給油口の位置も左右テールランプ間からCピラーに変更された。モータースポーツのベース用として1600GTV(VはVICTORY=勝利)を追加。

* 1973年4月にはテールゲートを備えた3ドアLB(リフトバック)が登場している。(LBの燃料タンク位置は、初期のクーペと同じトランク床下であるため給油口は左右テールランプ間のガーニッシュパネル裏にある)。従来からのクーペには2000cc(18R)搭載車を追加。LBでは1600cc/1600ccDOHC/2000cc/2000ccDOHCの計4種類が設定された。このセリカLBのテールランプはファンの間では「バナナテール」と呼ばれている。

* 1974年1月クーペのマイナーチェンジでノーズのデザインがそれまでのLBの物に統一される。クーペに2000GT追加。1600GTのホイールキャップが廃止された。 

* 1975年昭和50年排出ガス規制に適合させる対策をするのに伴い、シリーズ全体のマイナーチェンジを実施。この時、主として排ガス対策機器を納めるため、ボディサイズが全長で25mm、全幅で10mm、ホイールベースが70mm、フロントトレッドが50mm延長され、ダッシュボードも従来のイメージを残しつつ大きく変更された。また、LBの一部のグレードには衝撃吸収バンパーが設定される。その一方で1400や1600DOHC搭載モデルが廃止された。1976年には2000ccDOHC搭載モデルが昭和51年度排出ガス規制適合車となる。モデル末期の1977年には特別仕様車として、「ブラックセリカ」も登場した。なお、最終型の時点で形式がA30系に統一されている。

WRC(Group 2)には最高出力を135psまで上げたTA22型で参戦(1972年-1973年)、RACラリー9位。1976年からはRA20型をベースにした車両(エンジンは独シュニッツァー社が製作、18R-Gを1968ccにボアアップ、最高出力200ps)に変更、1978年まで戦う。

Tags:
TOYOTA, CELICA, セリカ, 1600GT, Lb, リフトバック, マッハ, マッハマスター, ランチ, カフェレストラン, ライダーズカフェ, At, L.A., Cars, Show, And, Drivers, バイク, Jewellery, Jewel, Gem, 名車, 幻車, 伝説, Wheels & Wings
Comments on TOYOTA CELICA セリカ 1600GTLB リフトバック at L.A. Auto Show - Car and Driver

RECOMMENDED CHANNELS